ワキガを防ぐ意外に知られていない方法

人間は、自分で思っている以上にニオイに敏感な生物です。
ニオイは、目に見えるものではないので、いつも不意に襲ってきます。
それが素晴らしいニオイならいいのですが、イヤなニオイなら、
その日1日の気分まで台無しにしてしまうでしょう。

そんなニオイの代表例で、自分の努力ではいかんともしがたいのがワキガです。
自分でもワキがにおうと思ったらもうアウトです。
周辺の人は、当人の10倍はニオイを感じているからです。

さて、そんなワキガですが、特に男性においてニオイが強烈なイメージがあります。

それは、どうしてかと言うと、やはりワキ毛に関係があるようです。

日本女性は、脇を出すような服を着る時に備えてワキ毛を剃ってしまいます。
ノースリーブのような服なら、そうしないとワキ毛がコンニチワですからね。

ただ、男性だと、中々、わきの下が見えるような服は着ないと思います。
タンクトップ姿で町中を歩くなら別ではありますが、、

なので、ワキ毛を処理する人は少ないと思うのですが、それが
ワキガの温床になっている可能性があるのです。

元々、ワキ毛は、脇の周辺をガードする為に生えている大切な毛ですが、
このワキ毛がある為に、脇の周辺はとても蒸れてしまいます。

その湿気の強さで雑菌が繁殖しやすくなるのです。
実の所は、ワキ汗はそれだけでは、ニオイを発生させる事は出来ません。

このワキ汗を分解する雑菌が、あのツンと来るニオイを発生させているのです。

ですので、ワキガに悩んでいる人はワキの周辺は蒸れないように
メッシュ地や木綿のような通気性の良い衣服で覆い、
そしてワキ毛は生え過ぎないように処理する必要があります。

これによって、湿気が集まりやすい脇の周辺を快適サラサラに保ち、
雑菌の繁殖が抑えられ、ワキガが発生しにくくなるのです。

ただ、ワキの周辺の皮膚は薄く、刃物などに耐久性が弱いので、
乱暴に剃ると、出血したり傷がついたりする事もあります。
くれぐれもワキ毛処理は慎重に行って下さいね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です