40歳を手前に気づいた加齢臭の対策について

私は今年40歳になります。正直、加齢臭という言葉は自分自身にとって全く関係のないものだと思っていました。もちろん、会社の先輩や周囲のご年配の方々で加齢臭のきつい方はいますが気にならない方々ももちろんいます。
わたしは自分自身が後者の方だと勝手に思い込んでいたのです。確かに若いころはそれでよかったかもしれません。しかし、数年前から家内や子供たちに「パパ、ちょっと加齢臭来てるんじゃない?」といわれるようになったのです。もちろん、そんなことをいわれてもわたしは自分自身に限って、加齢臭は関係ないと自分自身を思い込ませようとしていました。ところがその加齢臭を自覚する出来事があったのです。それは枕です。ある朝、子供たちに「パパ、枕をにおってごらん」といわれ、自分自身でにおってみました。すると自分の認めたくない、そして加齢臭という自覚をせざるを得なくなったのです。
そこから自分自身のにおいに敏感になりました。汗をかいたときの脇を中心としたにおいも気にするようになりました。そして、家族からもっとも指摘される頭部のにおいです。これについてはシャンプーをするときに最初、お湯で頭を濡らす時にまで多少においがすることもあり、やばいと感じるようになりました。そこで加齢臭対策を本格的にはじめました。まずはもっとも気になる頭部です。これは男性用のシャンプーを購入しました。毛穴からきれいにしてにおいを防ぐというものです。この毛穴まできれいするためにブラシもセットで購入しました。毎日このシャンプーとブラシで洗髪。そして洗ったあとに頭部を流しながらにおいを確認しています。そして、体ですがこちらは香水は逆効果だと感じ、制汗剤を一年中つけることにしました。これについては非常に効果が高いのではないかと認識しています。石鹸のにおいであまりきつくないものを使っていますが、清潔感を感じさせることもできるかと思います。あとは頭部のにおいをどう抑えるかが課題です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です