気になる体臭の原因は

欧米人の人は体臭がきついと聞きますが、それは食生活のせいだといいます。

乳製品や肉ばかり食べていると体臭もきつくなるそうです。日本人の人が体臭が、きつくないのは欧米人と違って肉を主食としてとらないからだと思います。

それに日本人は、お風呂に入ったら湯船につかる習慣があります。入浴すると湯の中で体の汚れが出ていきます。体臭を気にしている人は、毎日お風呂に入って清潔に体を保たなければなりません。

欧米人の体臭が強いのも、欧米人はシャワーしか浴びないので体臭が消えないのかもしれません。

体臭にも、いろいろありますが、お風呂に入ってない、体を動かして汗をかいたなどは一時的なもので、すぐに解決出来る事です。

しかし、わきがなどの体臭は根本的に自分で治す事が出来ません。わき専用のローションなど改良が進み随分と匂いを消すことが出来るようになりましたが、やはり根本的に治すには手術しかないのです。わきがは切実な悩みです。

特に女性でしたら気にせずにはいられません。わきがは周りの人に気づかれやすいですし、周りから指摘を受けるときもあります。

口の匂いもそうです。口が匂うときは、だいたい唾液が出てないときです。唾液は口臭を消す役割があります。口臭がする理由は、虫歯や蓄膿症だったりします。
口臭は自分では気づきにくいです。

そして人は年をとると加齢臭が出てきます。加齢臭は、独特なものです。生まれたばかりの赤ちゃんは、いい匂いがしますが、年を取ったときの匂いは加齢によるものです。

加齢臭がするのは、おじさんだけではありません。男女ともあるのです。最近では加齢臭専用のソープなども売っています。

体臭を消すには、自分で出来ることを試ながら、匂いを使い分けて下さい。体臭がヒドイからといって、他の匂いで、ごまかそうとはしない方が無難です。

まずは匂いを抑えつつ、良いに匂いを足していく方が良いです。それを間違えると逆に体臭の方が際立つ可能性があります。例えばひどい、わきがなのに、そのまま強いコロンをつけるとかです。わきがとコロンの匂いが混じり不快な体臭になるので意味がありません。

One comment

  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です